私の中でシンガポールはIT発展国。
そんな訳でシンガポールこそ国中WiFi飛び交っているだろう?!と思って…
色々調べてみました。

で、辿り着いた先は…
Wireless@SG
というアクセスポイント。

色々ネットで皆さんが書いている記事を読みました。
で、色々書いてあるんだけど…
色々読み漁らないとならないので、
自分用メモという事で書きとめておこうと思います。

宜しければ皆さんもご参考に。


Wireless@SGは複数のプロバイダを選べる模様。
よく見かけるのはシングテル。 
登録がやりやすいのはiCELL。 
空港で設定してくれる、らしい、のはM1。

で色々ネットで調べると、
Wireless@SGに登録しPWを取得するにはシンガポールのSIMカードが必要との事。
理由としては登録後にSMSでPWが送られてくるそうなんです。

で、ブログによっては日本の携帯電話をローミングでSMSにPWを送らせる方法がある、
みたいな事が書いてあったのですが…
んー、私はトライしていないです。

日本国内にいても、
シンガポールのSIMを持っていなくても、Wireless@SGを使えるようにする方法は…
iCELLの登録しかないようです。
で、私もiCELLで登録しました。
問題無く出来ました。

私は少し前まで中国にいたのですが…
中国でも登録可能。
シンガポールでも登録可能(旦那様のはシンガポールに来てからやった)。

では早速登録方法を。

登録画面にアクセス。

 図1

Name:名前
Address:住所(入れても入れなくても可)
NRIC/FIN:パスポートNO
NRIC/FIN Type:”Passport”を選ぶ
Nationality:Japan
Date of Birth:誕生日
Email:Emailアドレス
Mobile No:シンガポールの電話(82******)
Mobile No Enter Again:シンガポールの電話(82******)
Preferred User ID:好きな文字
Verification Code:指定の文字


※シンガポールの電話(82******)
ここで…先程、
日本の携帯電話のNOを入れてもいいみたいな記事を読んだ
という話しを書きましたが、
iCELLで登録する場合には日本の電話番号を入れる事が出来ません。
↑実際にトライ済み
・桁数がそもそも違う
・開始数字が「82」から始めないとならない
そんな訳で82から始まる8ケタを適当に入れて下さいw  
入力を終えて、『REGISTER NOW』ボタンを押せば登録完了!
登録完了後に飛ぶ画面上にID、電話番号が記載されます。
ID:Preferred User IDの任意の英数字@icellwireless.net
電話番号:Mobile Noで自分が勝手に入力した82****** 
この2つは一応メモっておいた方がいいと思います。
その理由は後程。


登録が終わったら…
多分自分で勝手に入力したシンガポールの電話番号にPWが飛んでいるハズなんですが…
それは無視することにしてw
パスワードの再発行画面に飛びます。

図2


IC Number:NRIC/FIN(パスポートNO)
Full Name:Name(名前)
Email:Email(Emailアドレス)
Login Id:Preferred User IDの任意の英数字@icellwireless.net
Phone:Mobile No(82******)

↑この中で3つ埋めて下さい。
3つ以上埋めると私はエラーを起こした。苦笑

この時に電話番号も使うかもしれないので、
取っといて損は無いという事です。
 
私は名前、アドレス、IDだけ入力して『Get Details』 を押します。
そうすると画面上にパスワードが出てきます。


これでアクセス準備が整いました。
後はWireless@SGのアクセスポイントを探すだけです!
毎回ログインしなければならないのが少し面倒ですが…
サイト閲覧、メールなどは問題無く出来ますよー。